日本の街角で、世界の街角で 明日の食文化を支えていきます
若竹丸本店

長崎県、佐賀県に回転寿司店12店舗を展開する「若竹丸」の本店。平日にかかわらず、オープンと同時に、次々と席が埋まっていく。その理由は、レーンを流れる寿司を見れば一目瞭然。一皿110円均一だが、鮮度抜群でボリュームがあり、旬の魚や地魚も多い。しかも、全てのレーン内で板さんが手握りし、気軽にオーダーにも応じてくれる。「お客様に真心をお届けしたいので、手握りするのが若竹丸の方針。毎朝、その日に水揚げされた魚を買い付け、店舗でさばくので、この価格で提供できます」と鈴木義人店長が語るように、手間をかけることで価格を抑えている。そのお手伝いをしているのが、真心込めて握った寿司を運ぶ最新レーンだ。
だが、ただ寿司を運ぶだけではない。同店のレーンは、デザイン性に衛生管理をプラスした最新のレーンで、回りながら、チェーン裏側に装備されたブラシで、内部を清掃する。「お客さんがチェーンの上でお皿をひっくり返しても、レーン自体が見えないところですぐに掃除してくれるので、常に清潔に保て、臭いの発生も防げる。生物を扱う寿司店には嬉しい機能です」と鈴木店長。笑顔で寿司を頬張るお客と板さんの会話も弾み、店内には和やかで温かな空気が流れている。

店名 若竹丸本店
店長 鈴木義人氏
店舗住所 〒854−0022 長崎県諌早市幸町79-50
電話 0957-35-6339
オープン 08年11月1日
客単価 1000円
店舗面積 95坪
席数 73席(カウンター19席 ボックス席6席×9卓)
営業時間 11時〜21時30
アルミに木目調の塗装を施したレールを回るお洒落なチェーンは、寿司を運びながら、内部の掃除もしている。 「若竹丸 本店」は、遠方からの来店客も多い人気店だ レーンを回る皿はどれも110円だが、食べた時の満足度は高く、開店と同時に満席に 板さんは、寿司を握りながらも、笑顔を絶やさず、お客様への声掛けも欠かさない